2022年4月より道路交通法における安全運転管理者制度改正が決まり、


安全運転管理者専任事業者において、酒気帯び確認の内容を記録、


保存する事が義務付けられました。また、2023年12月以降は、


「アルコール検知器」を用いたチェックが必要となります。


対象は、自動車5台以上(法人名義の役員車等も含まれます)


または乗車定員11名以上の車輌を1台以上保有。

1.管理者及び運転者への負担が少ない 2.確実に管理が出来る 3.コスト的にも大きなメリットがある


「安全運転支援クラウドサービスあさレポ」

をご提案致します。

延期されていた社用車ドライバーに対するアルコール検知器の使用義務化が、2023年12月1日から施工の方針であると発表がありました。この機会に、ぜひ「安全運転支援クラウドサービスあさレポ」の導入をご検討して下さい。

アルコール検知器使用義務化施行については下記を参照して下さい。

出典:「警視庁報道資料」

あさレポ デモ依頼無料トライアル依頼はこちら
新型スマートアルコールチェッカーの注文受付を開始いたしました!XENSE-83BTW

弊社は運営会社鈴与シンワート株式会社と「安全運転支援クラウドサービス あさレポ」の販売パートナー契約を締結しています。